今年の漢字

最終更新日

毎年、12月12日に発表される「今年の漢字」。

さて今年はどんな漢字が選ばれたのでしょうか。

(「今年の漢字」って、商標登録されているんですね)

 

 

そもそも毎年ニュースなどにも取り上げられる「今年の漢字」とは何でしょうか。

 

「今年の漢字」は、1995年から漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるための啓発活動の一環として始めました。毎年年末に一年の世相を表す漢字一字を全国から募集しています。そして、最も応募数の多い漢字を12月12日(いい字一字)の「漢字の日」にちなんで、京都・清水寺で森清範貫主の揮毫により発表しています。そして、一年の出来事を清めるとともに新年が明るい年になることを願い、清水寺にて奉納の儀式を行っています。
一年を振り返り選ばれた漢字一字からは、さまざまな出来事を回想することができます。
「今年の漢字」は、年末の風物詩の一つとして人々に愛される行事となっています。

引用:https://www.kanken.or.jp/project/edification/years_kanji.html

 

1年を漢字一文字で表すというイベントは、

漢字の素晴らしさを再認識させてくれます。

アルファベットでは出来ないですからね。

 

 

さてそんな「今年の漢字」ですが、「災」に決定したそうです。

今年は台風やら猛暑やらで、思い返してみると

様々な「災」があったかと思います。

平成最後の「今年の漢字」がネガティブなものになってしまったのは

残念な気がしますが、来年は明るい年になることを祈ります。

 

 

自分にとっての今年の漢字は「初」でしょうか。

いろいろと今年は初めての経験が多かったと思います。

みなさんはどんな漢字ですか?

もう12月も中旬ですので、一年を振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

M島

M島

立川をこよなく愛す入社4年目の営業マン。 日々面白いネタを探している。